2019浅紫

本日、永井 優写真展「花巻・鉛地区に生きる」が終了いたしました。

期間中、多く方々にご来館いただきありがとうございました。

今回の展示作品は1985〜2005年にかけて花巻・鉛地区の風情ある温泉やそこに暮らす人々の様子を撮影したもモノクロ作品でした。

多くの来場者の皆様には、永井氏がご自宅の暗室で手焼きプリントしたモノクロ写真の魅力や深み、黒で再現される「影」のディティールを感じとっていただけたことと思います。モノクロ写真には、「色」はありませんが、カラー写真よりも想像させる要因が豊富にあるように感じております。

今後もモノクロ写真の魅力を感じていただける機会を作り出していければと考えております。最後に永井氏には、お忙しい中大変ご尽力いただけたことに感謝申し上げます。

最新記事
archive