検索
  • アートギャラリー 杜 館主

2020桃始笑 ももはじめてさく

春めいてきました。皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。

今年に入り、思わしくない出来事が私たちの日常生活に不安をもたらしております。

ついては、今回のコロナウイルスの状況を踏まえ4月3日(金)からの写真展開催を見合わせることといたしました。

ご期待されていた皆様には、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

来場される方々の健康面と安全面を最優先に考慮し開催を今秋に延期することいたしました。七夕のころには作品展のご案内をホームページなどでお知らせする予定です。

42回の閲覧

最新記事

すべて表示

2019藤鼠

本日、嶺岸公夫写真展「時遊時間」が終了いたしました。期間中、多くの方々に寄せていただきご感想をいただけたことを嬉しく思います。 今年、最後の写真展と言うことで久しぶりにご来館いただけた方々も多く、楽しく・興味を持ってご覧いただけたことと思います。 嶺岸氏の個性ある写真は、見る人それぞれが「写真の中に自分の世界を作り上げる魅力」を感じられたのではと思っております。 今回、フィルム写真・モノクロ写真の

2019芥子

本日、昭和の追憶1977『夕張』写真展が終了いたしました。会期中、大勢の方々に寄せていただき1977年の夕張の様子を見ていただけたことと存じます。 かつて夕張は、炭鉱の町として栄えましたが、「石炭」から「石油」へのエネルギー政策への転換により、次々と炭鉱が閉山されていった歴史を持ちます。 ここでの展示は、当時、大学生だった庄子喜隆氏が独自の視点で夕張の様子を撮影したものです。写真展からは、当時の炭

2019刈安

本日、和賀耐互写真展「人と海の物語〜松島湾の黎明」が終了いたしました。期間中は多くの方々にご高覧いただけ嬉しく思います。 今回の写真展では松島湾の朝焼けやそこで働く人々の姿に観光写真とは違った松島湾の印象を持たれたことと思います。松島湾の牡蠣養殖も近代化し機械作業が多くなり、昔ながらの「仕事」を写真に残したいと撮り続けてきた和賀氏。厳冬の早朝、牡蠣漁への出港から牡蠣剥き作業・・・孤独な作業の中にや