検索
  • アートギャラリー 杜 館主

2018卯花月

5月2日(水)〜13日(日)の期間中、丸森町の「八雄館(斎理屋敷向)」において『丸森写真展2018〜会いに行きたい人がいる〜』を開催いたします。

2017年に始まったこのプロジェクトは、地元カメラマンと仙台在住のカメラマン7名が協力して実行委員会を結成して運営しているものです。当初は、どう取り組んでいくかに対して戸惑いも少なくありませんでしたが、丸森の様子を生業を通して構成してみることで、なんとか形になったと思っています。農村地帯を舞台に土地の風土や特徴を感じ取り、自然・歴史・人が調和した山里の様子を写し撮る行為は、写真の可能性と町の可能性を探る試みに通じていくことと認識しています。

 今回、昨年の秋に当館での開催に次いで2回目ということで、前回より3つの視点でその魅力や特性を考慮してみました。ひとつは、より地域性にアプローチした内容、次に住民とコミュ二ケーションを意識した内容、そして展示空間を意識した内容です。このことは、丸森町で開催する意義を明確にし、町のコミュニティ形成に貢献できればとの思いからです。

最後に丸森写真展2018に関わった大勢の方々に心からの感謝を申し上げるとともに、地元の方々に見ていただけたれば望外の喜びです。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020桃始笑 ももはじめてさく

春めいてきました。皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 今年に入り、思わしくない出来事が私たちの日常生活に不安をもたらしております。 ついては、今回のコロナウイルスの状況を踏まえ4月3日(金)からの写真展開催を見合わせることといたしました。 ご期待されていた皆様には、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。 来場される方々の健康面と安全面を最優先に考慮し開催を今秋に延期することいたしま

2019藤鼠

本日、嶺岸公夫写真展「時遊時間」が終了いたしました。期間中、多くの方々に寄せていただきご感想をいただけたことを嬉しく思います。 今年、最後の写真展と言うことで久しぶりにご来館いただけた方々も多く、楽しく・興味を持ってご覧いただけたことと思います。 嶺岸氏の個性ある写真は、見る人それぞれが「写真の中に自分の世界を作り上げる魅力」を感じられたのではと思っております。 今回、フィルム写真・モノクロ写真の

2019芥子

本日、昭和の追憶1977『夕張』写真展が終了いたしました。会期中、大勢の方々に寄せていただき1977年の夕張の様子を見ていただけたことと存じます。 かつて夕張は、炭鉱の町として栄えましたが、「石炭」から「石油」へのエネルギー政策への転換により、次々と炭鉱が閉山されていった歴史を持ちます。 ここでの展示は、当時、大学生だった庄子喜隆氏が独自の視点で夕張の様子を撮影したものです。写真展からは、当時の炭